2012年2月28日火曜日

ボーダー刺繍

カシミールショールの刺繍には大きく分けて3つのカテゴリーがあります。その中でもボーダーは最も代表的な刺繍です。そしてこれは3つの刺繍法の中では最も初歩的なものとされています。この刺繍の名前の由来は英単語のborderです。この言葉は“縁、へり、境界”という意味を持ちます。この言葉の通り、ボーダーでは生地の縁に沿ってのみに刺繍が行われています。
ボーダー刺繍にはペイズリー、蔓草、花などのデザインが使われます。生地の4つの縁を花を咲かせた蔓草が繋がっているトロピカルなデザインをイメージして頂ければ分かりやすいと思います。一例として、オフホワイトとナチュラル(ベージュ)のパシュミナのボーダーショールをご覧ください。


0 件のコメント:

コメントを投稿